お花屋さん直伝!切り花を長持ちさせる3つの方法

お部屋の雰囲気をパっと買えようと思い、切り花を購入されたことは誰でも一度はあるのではないかと思います。せっかく買った切り花ですから、長持ちしてくれたら嬉しいと思いませんか?

そこでこの記事では、お花屋さん直伝の切り花を長持ちさせる方法を3つご紹介します。

これで切り花を長持ちさせて、彩りのある毎日を楽しめるようになります!

切り花を長持ちさせる方法は下記の3つがあります。

1.毎日水を取り替える

2.花瓶を洗う

3.砂糖を入れる

この3つの方法を具体的にご紹介します。

 

切り花を長持ちさせる方法①:毎日水を取り替える

当たり前のことかもしれませんが、切り花を長持ちさせるには毎日お水を取り替えることが有効です。

意外と忘れている人が多いので、毎朝お水を変えることを心がけるようにしましょう。

 

切り花を長持ちさせる方法②:花瓶を洗う

花瓶にバクテリアが繁殖しやすく、とくに梅雨の時期は要注意です。3日に1回は花瓶を洗うようにしましょう。

 

切り花を長持ちさせる方法③:砂糖を入れる

切り花を長持ちさせるには、ほんの少しだけ「砂糖」を入れるようにします。なぜなら、うんたらかんたら。

 

まとめ

切り花を長持ちさせる3つの方法はいかがでしたか?砂糖を入れる方法は、意外に感じられた方も多いのではないでしょうか。

この記事でお伝えした3つの方法を参考にして、切り花を長持ちさせてみてください。きっと切り花も喜んでくれると思います!!!

コメント